ニュース

ヒュンダイオーストラリア、ツーソンのサンタフェで30年を祝う:V6が新しいスペシャルのためにサンタフェに戻る

ヒュンダイはツーソンとサンタフェの「30」スペシャルエディションを公開し、オーストラリアでのブランドの30周年を祝います。

各モデルのわずか300の例に限られて、特別なエディションのペアは、ベース車に追加の機器、スタイリング、およびエンジンのアップグレードをもたらします。

37,750ドルに加えてオンロードコストから、 ヒュンダイツーソン ‘ 30’ Special Editionは、ベースとなっているActiveXバリアントよりも価格が$ 4100高く、さまざまなスタイリングの強化と独自の色が追加されています。

ツーソン‘ 30’また、上級グレードのエリートおよびハイランダーモデルの130 kW / 265Nm 1.6リットルターボガソリンを搭載しており、4輪すべてを7速デュアルクラッチトランスミッションで駆動します-ActiveXがオプションとして提供することもありません。



追加の4つのグランドについては、ツーソン‘ 30’マットブラックの19インチRaysアロイホイール、マットグレーのサイドステップ、クワッドエキゾーストチップを新しいリアバンパーに追加します。

中国の電動自転車メーカー

‘ Ash Blue’メタリックの外装塗装は、ツーソン‘ 30’専用です。

ActiveX仕様から引き継がれたその他の機能には、リアビューカメラ、リアパーキングセンサー、LEDデイタイムランニングライト(DRL)、自動ヘッドライト、フォグランプ、Apple CarPlay、AuxおよびUSB入力を備えた7.0インチタッチスクリーンインフォテインメントシステム、レザーが含まれます-トリムされたシート、ドライバー用の双方向電動ランバーサポート、電動折りたたみ式および加熱式サイドミラー。

一方、 Hyundai Santa Fe ‘ 30’ Special EditionはActiveバリアントをドナー車として使用しますが、40,790ドルとオンロードで自動装備されたActiveよりも1060ドル低い価格で開始します。

サンタフェのヘッドライナー‘ 30’オーストラリアでのヒュンダイの3.3リットルMPi V6のデビューであり、199 kWの電力と318 Nmのトルクを生成し、6速オートマチックトランスミッションで前輪を駆動します。

比較すると、Santa Fe Activeは138kW / 241Nmの2.4リットル4気筒ガソリンエンジンで4輪すべてを駆動します。

テスラSUVモデルXインテリア

サンタフェにエキストラを追加‘ 30’加熱された外部ミラー、クロム製外部ドアハンドル、背面プライバシーガラス、ダークグレーに仕上げられた19インチ合金ホイール、専用‘ Mineral Blue’メタリックの外装ペイント、ユニークな‘ 30’バッジ。

サンタフェ‘ 30’また、レザーを使用したインテリア、デュアルゾーン環境制御、冷却グローブボックスを備えており、タイヤ空気圧監視システムを備えた唯一のモデルです。

Activeバリアントから持ち込まれた機器には、LEDデイタイムランニングライト、リアビューカメラ、自動ヘッドライト、Apple CarPlayを備えた7.0インチタッチスクリーンインフォテインメントシステム、AuxおよびUSBオーディオ入力、フロントおよびリアエアコン、デジタルスピードメーターが含まれます。

ツーソンとサンタフェの両方‘ 30’特別版は現在注文可能です。

V6はここに滞在しますか?

サンタフェでのV6オプションの復活は、多くのバイヤーにとって歓迎すべき変化ですが、この特別版の実行を超えて定着するでしょうか?

ヒュンダイオーストラリアのコミュニケーションマネージャーであるグイドシェンケンは、本日CarAdviceと話し、V6は今のところ特別な「30」に特有であると述べました。サンタフェですが、需要があればそれは変わるかもしれません。

「ディーラーと顧客のフィードバックに基づいて、フルタイムのActiveXモデルとして提供することを検討するかもしれません」とSchenken氏は述べています。

写真タブをクリックして、ヒュンダイツーソンとサンタフェの「30」の画像をご覧ください。特別版

ヒュンダイツーソン‘ 30’特別版の仕様

Active Xに加えて:

  • 1.6リットルターボ過給4気筒ガソリンエンジン(130kW / 265Nm)
  • オンデマンド四輪駆動システム
  • マットブラックに仕上げられた19インチのRays合金ホイール
  • マットグレー仕上げのサイドステップ
  • ツイン排気口付きリアディフューザー
  • 限定‘ Ash Blue’メタリック外装塗料
  • ‘ 30’バッジ

ヒュンダイサンタフェ‘ 30’特別版の仕様

20年後のテスラストック

アクティブに加えて:

  • 3.3リットルV6ガソリンエンジン(199kW / 318Nm)
  • 加熱された外部ミラー
  • クローム外装ドアハンドル
  • 背面プライバシーガラス
  • ダークグレーで仕上げられた19インチ合金ホイール
  • タイヤ空気圧監視システム
  • 独占‘ミネラルブルー’メタリック外装塗料
  • 革張りのインテリア
  • デュアルゾーン気候制御
  • 冷却グローブボックス
  • ‘ 30バッジ

‘ 30’スペシャルエディションの価格設定(およびオンロードコスト):

  • ツーソン‘ 30’特別版-37,750ドル
  • サンタフェ‘ 30’特別版-$ 40,790