モーターショー

次世代の三菱ランサーエボリューション、Ralliartは保留中

次世代の三菱ランサーエボリューションまたはその他の三菱スポーツカーの計画は保留されているように見えますが、日本のメーカーはプラグインハイブリッド車およびSUVおよびライトコマーシャルセグメントのフル電気自動車で市場シェアを上げることを目指しています。

2007年に発売された三菱ランサーエボリューションXは、製品プロジェクトおよび戦略グループ中尾龍吾の常務取締役によると、ガソリンエンジンのみを搭載するEvoファミリーの最後のものとなります。

電話でシリウスを入手できますか

“ランサーエボリューションは、ブランドを確立した[パジェロ]のようなものです。



中尾さんは、本日の東京モーターショーで、通訳を介してオーストラリアの自動車プレスに語った。

「しかし、ガソリンエンジンを搭載した現在のEvolutionでは、次世代のEvolutionを販売することは困難です。 Evolution Xはガソリンエンジンを搭載したこの種の最後の機種です。”

新しいEvoのベースとなる次世代の三菱Lancerは、中期計画では言及していませんが、それ自体は保留中です。

中尾さんは、今後数年間でEvoが廃止されるかどうかを尋ねられ、まだ決定されていないと述べました。

“それはもちろん顧客の需要に依存します。量の面では、Evolution Xは大きな量の売り手ではありません。”

一方、同社のパフォーマンスサブブランドであるRalliartの将来も未定であり、三菱自動車は当面、さらなるRalliartモデルに投資することはないでしょう。

“ただし、これらの車の開発ではなく、Ralliartブランドを維持したいと考えています」と彼は言いました。

代わりに、各国のディストリビューターがRalliartの開発をサポートしてくれることを願っています。これは、当社の現在の技術を備えたスポーツカーセグメントにとって、環境保護を実施することは非常に困難だからです[内燃エンジンスポーツカーを製造中]。

中尾さんは、三菱が現在の電気またはプラグインハイブリッド技術でスポーツカーセグメントに望むものを達成することは不可能だと考えています。将来のスポーツカーを作成する場合、ルノー・日産ア​​ライアンスの技術や支援なしで社内で作成します。

サンジョーポールヘッジトリマー

“環境保護と[内燃エンジンのみ]スポーツカーの両方を同時に行うことはできません。それを可能にするには時間がかかります。したがって、まずPHEVとEVに集中し、次にこの開発に基づいて、可能であれば次世代のスポーツカーをサポートしたいと考えています。”

三菱ランサーエボリューションは、2014フォルクスワーゲンゴルフRやスバルWRX STIを含む新世代のライバルとの競争を間もなく迫られます。